このページのTOPへ

~美髪再生~美容室Feliceフェリーチェ

小田急線栗平駅徒歩1分
当店はあなたの髪の悩みを解決に導く髪の治療院です。

image
0447127447 お問い合わせ

小田急線栗平駅徒歩1分
当店はあなたの髪の悩みを解決に導く髪の治療院です。

border

髪を美しく綺麗するための6つのこと

・メイク
・ファッション
・ダイエット
・話し方
・表情、

よりも

女性の印象を決めるのは『髪』

 

ということをご存知ですか?

髪がその人自身の生きざまを表すとも言いますし「髪が女性の運命を変える」という書籍もあります

髪が綺麗・素敵であることと、髪が綺麗・素敵ではない状態では

女性にとって仕事や家事、お友達との食事、大切な人とのデートなど、日々日常の中で感じる幸福感が全然違ってきます。

逆に言うと、最近何となく憂鬱・・・、やる気が出ない・・・、人に合いたくない・・・。

その理由は髪にあるかもしれません。

 

ファッション誌の編集長は、新人モデルをまず美容院に送り込むそうです。

髪が決まらなければ、服も似合わないし、メイクも映えない。そう知っているから「まずは髪を整えてきて」と新人モデルに言うのです。

ファッション業界の先端にいる人達ですら髪が一番大事と思っているんですね。

 

まずは何よりも『髪』

 

を美しく綺麗で素敵な状態にしていくことが、女性が美しいと感じられる第一歩。

美しい髪は、毎日が幸せである象徴です。

 

ここでは髪が美しく綺麗になるための6つのことについてまとめました。

しっかり読んで、あなたも美髪を手に入れて、毎日をより美しく充実させていきましょう!

 

1・知っておきたい髪のこと

美しい美髪のためにまず知っておいてほしいことがあります。

それは髪一度傷んでしまったら2度と元の状態には戻らないということです。

何とも悲しい話ですね・・・涙。

 

ケガしても時間が経てば治っていくお肌とは違って、髪は伸びてはいくものの細胞自体は生きていません。なので傷んでしまったらもう元の状態には戻らないんです。

 

元の状態に戻すためには、カットして傷んだ部分をなくして、また新しい髪が伸びてくるのを待たないといけません。だから傷んでしまったら、なが~~~い期間ストレスになってしまったり、せっかく伸ばしていたのに、切らなくてはいけないなんてことにもなりかねません。

まずは傷ませないことを大切にしていくためにも、傷んでしまう主な原因とその対策についてお話していきます

 

 

2・髪の傷む主な原因とその対策は?

①乾燥

秋冬のシーズンに多いのが空気の乾燥により、髪も乾燥してしまうことがあります。秋冬ではない夏場でもエアコンの風により乾燥してしまったりもします。毛先がパサパサしてしまう、そんな状態です。

乾燥を防ぐために、洗い流さないトリートメントなどで対策ができます。また、お部屋の湿度を高く保つように保湿しておくことも大切です。

 

 

②紫外線

紫外線が髪に与える影響も大きなものです。髪がゴワゴワした手触りになるのが特徴的です。綺麗なヘアカラーの色を褪色させてしまう大きな要因にもなっています。

紫外線は1年中あるものですが、特にピークなのが5月から10月くらいまでです。

詳しい対策は別ページの「髪に大敵な紫外線、しっかり対策で乗り切りましょう」も参考にしてみてください。

 

 

③ドライヤーのかけすぎ

綺麗にスタイリングしていきたいから一生懸命ドライヤーをかけてしまうことってよくあります。しっかり乾かすことは大事ですけど、これは髪を乾燥させてしまいます。何事もやりすぎは禁物です。

乾燥対策と同じように洗い流さないトリートメントでしっかり対策していきましょう。また、使用するドライヤーも熱量が強すぎるものは避けるほうが良いです。最近では髪を傷ませないようにつくられているドライヤーも販売されているので、そういったものを使用するのも良いですよ。

 

 

④コテ、アイロンなどの熱を使用するスタイリング

嫌な癖を伸ばして綺麗なストレートヘアーを実現できるストレートアイロンや、綺麗なカールスタイルを作れるコテアイロンはすごく便利ですよね。

ただ、高温でのスタイリングは髪に負担を大きく与えてしまうのも事実です。髪のたんぱく質成分が熱によって編成し、硬くなってゴワゴワしてしまう状態になってしまいます。熱スタイリングで注意したいのは、高熱過ぎないようにできる限り低温でスタイリングすることです。

高温のほうが早く仕上げられるのですが、どうしても負担がかかります。低温でしっかりスタイリングすることでも十分スタイリングできますので、低温でスタイリングしてあげてください。もちろん洗い流さないトリートメントも忘れないようにしてくださいね。

 

 

⑤カラーやパーマによるもの

化学薬品を使用して施術するカラーやパーマは髪に負担をかけます。適切な施術はとても大事です。でも、一体どんな施術が適切なのかはわかりにくいですよね?ですので、カラーやパーマで傷んでしまう要因と対策11つをお伝えいたします。

このことを知っておくだけでも髪を傷ませる可能性はだいぶ減っていきますよ。

 

 

 

⑥カットにより傷んでしまうこと

意外かもしれませんがカットでも髪が傷んでしまうことがあります。髪が最も傷まないカットは、きゅうりを包丁で綺麗に輪切りや斜め切りする、そんなイメージで鋏でスパっとカットすることです。これが一番負担がかかりません。

 

髪を梳くための梳きばさみや、かみそりのような刃のレザーは切り口がボロボロになりやすく傷んでしまうんですね。スタイルによってはどうしても必要になることもありますが、極力負担にならないようにカットをしていくことは、綺麗な髪のためにはとても大切なことでもあります。

 

 

⑦水に含まれる石灰質

日々のシャワーなどに使う水には石灰質が含まれています。海外旅行に行ってシャワーを浴びたら髪がゴワゴワになってしまった・・・。結構よく聞くことでもありますよね。これはその石灰質が原因です。日本の軟水は海外の硬水に比べるとかなり少ないのですが、やっぱり含まれています。

 

その石灰質、金属イオンとも言いますが、それが髪にも付着していき、ごわつきなどを起こします。これが付着していることでせっかくのトリートメントの効果も弱くなったりしたりします。シャワーなどは毎日のことなので仕方がないことでもありますが、シャワーヘッドを取り変えるなどで対策していくこともできます。

またその金属イオンをしっかり除去するサロン専用のトリートメント施術も効果的です。詳しくは後ほどお伝えしていきますね。

 

 

 

3・美髪のためにこれだけはやってはいけないこと

ズバリ自然乾燥です。

髪の一番表面のキューティクルといううろこ状の部分があります。

このキューティクルというのは、水に濡れると開く性質を持っています。この開いているときは髪の中がむき出しになっているので一番無防備な状態です。その開いたキューティクルを閉じるのがドライヤーの熱です。しっかり乾かすことで綺麗に閉じてくれるのですが、自然乾燥だと開いたままになってしまいます。

 

それだけでも乾燥させてしまいますし、そのまま寝てしまったりすると、まくらなどの摩擦でボロボロになってしまうんです。しっかり乾かしてあげることがとっても重要。暑い夏など大変かもしれませんが、綺麗な髪のためにもちゃんと乾かしてあげてくださいね。

 

詳しくは 自然乾燥が髪に良くないのはどうして? も参考にしてみてください。

 

 

 

4・自宅でできる美髪のための7つのヘアケア法

髪が傷む原因とその対策を覚えたところで、ご自宅でできる美髪のためのヘアケア法を紹介していきます。

サロンで消していくことも大事ですけど、日々のご自宅のケアもすごく大切です。すぐに取り入れていきましょう。

 

 

①基本はブラッシング

髪が綺麗な人が日々習慣にしていることで、一番の基本中の基本はブラッシングです。このブラッシング、やり方を間違ってしまうとかえって髪を傷ませてしまったりしてしまいます。髪が傷みやすいブラッシングの特徴は、髪の根元からブラッシングをしてしまうことです。

 

もつれた髪を根元からいきなり無理に梳かそうとすると髪に負担を与えてしまい、切れ毛や枝毛の原因になってしまいます。まずは絡まった毛先からほぐしていきましょう。頭皮にブラシをあてる時は、力を入れすぎないように優しくブラッシングしてあげてください。

 

また、髪のキューティクルを壊さないように、髪の毛の流れにそって梳かしていきます。正しく丁寧なブラッシングは、髪をサラサラでツヤのある健康な状態に導いてくれます。

 

 

②シャンプーについて

美しい髪は、正しいヘアケアから始まります。その中でもとても大切な、正しいシャンプーの手順についてを紹介します。。

 

①ぬるま湯で、余洗い。髪の毛についた汚れを落とす。
②シャンプーを手にとり泡立ててから、地肌を洗う。
③残った泡を髪の根元から毛先に向かって滑らせる。
④ぬるま湯で、シャンプーを洗い流す。
⑤毛先を中心にトリートメントをつける。
⑥必要時間おき、洗い流す。

 

これが正しいシャンプーの手順です。ここで一番需要なのが、余洗い。シャンプーを使う前に、丁寧にぬるま湯で髪を洗うことで大半の汚れを落とすことができます。

 

「シャンプーをたくさん使えば良いんじゃない?」

 

確かにシャンプーをたくさん使えば汚れもよく落ちるかもしれません。でもそのため多くの洗浄成分によるダメージが起こったりします。シャンプーの使用量は増やすことを考えないほうが、髪にとっては良いのです。使用量を減らし洗浄成分によるダメージから髪を守っていきましょう。なのでまず大切なのは余洗いです。忘れないでくださいね♪

 

 

③シャンプー選びのポイント

もう一つ大事なのが、その際に使用するシャンプーについてです。シャンプーもたくさんあり、どれが自分の髪にい合うのかわからない、そんなことってありますよね。シャンプーを選ぶポイントは大きく分けて

 

・髪質

・髪の状態

・お悩み

 

この3つに分けられます。この中で何を優先するかで選ぶものが変わってくるものですが、実際に使ってみないと合うかどうかわからないのが苦しいところです。ですので、あなたのことを理解してくれている担当の美容師さんに相談するのが一番だと思います。

 

ただ、ここで例外が無いのが「お悩み」に共通していることがあります。年齢を重ねてくると

 

「最近髪が良く抜ける・・・」

「細くなった・・・」

 

などの、髪の衰えに対してのお悩みが、ほぼ間違いなく出て来るものす。髪の衰えというのは、最も健康な状態の20代前半をピークに徐々に始まっていきます。実感したときからケアを始めていくのは、実は少し遅いくらいなんです。ですので、その対策はその時から始める。早ければ早いほど良い、そのように考えています。

そのケアの方法は

 

・毎日のシャンプー&トリートメントを対策専用のものを使う

・専用の地肌育毛化粧水などを使う

 

これが効果的です。おススメなのが資生堂アデノバイタルシリーズ

早くから「髪育」していくことは、美しい美髪の為にはすごく重要です。毎日のシャンプーなどはすごく簡単で効果的な対策です。

今すぐ髪育始めていきましょう!

 

 

 

③お風呂上がりのタオルドライとドライヤーの使い方

お風呂からあがってすぐドライヤーをかけたり半乾きのまま放置したりしていませんか?

もし、それが習慣化しているのなら見直しのチャンスです。正しいドライヤーの使い方をお伝えします。

 

 

【清潔なタオルで地肌の水分を吸い取るイメージでタオルドライ】

ここで気を付けたいのは、ごしごしこすりすぎないことです。髪の毛もキシキシこすり合わせてしまうと、ダメージになってしまいます。トントンとタオルで抑えるような感覚で水分をふき取っていきましょう。

 

 

髪の中間から毛先を中心に、アウトバストリートメントをつける】

髪は毛先のほうがパサつきなど、ダメージを起こしやすいものです。根元からつけていく必要はありません。使用するトリートメントも、髪質に合ったものを選び、季節によって数種類を使い分けるとより効果的です。

 

 

ドライヤーで根元に風をあてるように乾かす】

根元が濡れていると、いつまでたっても乾ききりません。毛先のほうが先に乾いてしまい、毛先にドライヤーの熱を余計に与えてしまいます。根元をしっかり乾かすうちに毛先も自然に乾いていくので、ドライヤーの仕様い時間も短縮になり、負担も減るんです。

特に髪の量が多くて乾きにくい襟足から乾かしていきましょう。

 

 

このように、タオルドライをしっかりと行うことでドライヤーの時間が劇的に短縮。熱にさらされる時間が大幅に減るので、ダメージのリスクもぐんと減少します。シャンプーと同じようにドライヤーも毎日かけるので、正しく使うことは髪を綺麗に保つためにとても大切です。

 

 

④洗い流さないトリートメントの選び方

しっかりと髪を保湿し、バスタイムでのシャンプー・トリートメントの効果を保ち、ドライヤーの熱から髪を守ります。洗い流さないトリートメントには様々なタイプがあります。

 

乳液タイプのエマルジョン

ミストタイプ

クリームタイプ

水溶性のゲル状のもの

ここ最近のお馴染みなのがオイルタイプ。

 

毎日つかうものだから、こだわって選びたいですよね。髪質やお悩みによって、合うものは人それぞれ違うものです。そして季節によっては、湿度の違いや、紫外線の量などで、髪に対する悩みも変わってきますし、そのケアのやり方も変わってきます。

まずは髪質に合うものを選ぶのももちろんですが、その季節ごとに応じていくつかのものを使い分けることが効果的ですよ。

 

 

⑤健康な地肌ケア

美しく綺麗な髪は、健やかな地肌の状態があってこそ育ちます。頭皮スキャルプケアは、髪を綺麗に維持していくためにも欠かせないことです。皮脂やほこりなどをしっかり落とし。頭皮を健康な状態にリセットすることが大切です。

 

頭皮は年を重ねていくと共に、固くなっていくんです。そうなると、髪に栄養が届きにくくなり、ハリコシがなくなっていきます。髪が細くなっていくので、ツヤがなくなっていったり、パサつきやすくなります。

その予防が頭皮ケア

 

簡単なのが、頭皮を動かしてあげるようにマッサージして血行よくしてあげることです。入浴時は特に血行も良い時なので効果的です。お風呂上がりと朝には、頭皮用のローションなどを使いさらにほぐしていくとより効果があります。シャンプーやトリートメントも、頭皮用のものを使用しても良いですよ。美容室ではヘッドスパなどのメニューがお勧めです。

 

 

⑥綺麗な髪は、髪に良い食事から

どんなに高級なシャンプーやヘアケア剤を使っても、それは外側からのケアにしかなりません。本当の綺麗な髪は、身体の内側からアプローチする必要です。バランスのいい食事をとって、髪に十分な栄養が届くようにしましょう。

綺麗な髪に重要な栄養素についてお話していきます。

 

 

良質なたんぱく質】

髪の90%以上がたんぱく質で作られています。これから髪を綺麗にしたい人や、ロングにしたい人は、良質なたんぱく質をきちんと摂ることが、綺麗な伸ばし方のポイントです。お肉(赤身)や青魚、卵、乳製品、大豆などバランスよく食べるようにしましょう。

 

ダイエットなどでたんぱく質が不足していると、髪を作る栄養が足りず、パサパサでボロボロの髪になってしまいます。特に夜は髪の成長にたんぱく質を多く使いますので、夕食は抜いたりせずにたんぱく質中心のおかずにしましょう。

 

 

髪を綺麗にするビタミン類】

髪に必要なアミノ酸を届けてくれる働きをするビタミンC

頭皮の新陳代謝をサポートしてくれるビタミンB

血液循環をよくするビタミンE

これらをバランスよく摂取することが髪の綺麗な伸ばし方です。ビタミン類は、アンチエイジングや美肌にも効果のあるので、積極的に取り入れることがおすすめです。

 

 

亜鉛】

摂取したたんぱく質を髪の毛に生成するために必要なのが亜鉛です。せっかくたんぱく質を多く摂っても亜鉛が不足していると髪は成長しません。

また、亜鉛は抜け毛の原因になる酵素を抑制する働きもあります。白髪の予防や髪がやせていくのを防ぎ、健康的なサラサラの髪を作り出します。食材では牡蠣や豚レバーに多く含まれています。

 

 

 

⑦髪が健康なのは、体が健康な証

人間の体は、命に関わる大事な部分から栄養を使っていきます。体の健康を優先すると、頭皮や髪は後回しにされてしまいます。すると髪の毛を作る細胞が栄養失調の状態になり、細くて弱い髪の毛しか作れなくなってしまいます。

 

ですので、髪が綺麗な状態は、体が健康であるということにもなります。髪を綺麗にしたいというとき、髪のケアを意識しますよね。それだけでも、綺麗にはなっていきますが、髪だけではなく体の健康のケアもとても大切なんです。

 

ダイエットで極端な食事制限などをすると、髪にも影響がでてしまいます。特定なものだけを食べるダイエットや断食などは、髪に十分な栄養が行き渡らなくなってしまいますので、髪が細く弱弱しくなってしまいます。

 

それは体も弱っているということです。髪の状態が体の状態をあらわしています。ヘアケアと生活習慣、どちらも大切です。

 

 

 

5・美髪に欠かせないのが美容室でのメンテナンス

定期的なダメージ部分のメンテナンスカット

きれいに髪を保つのなら定期的にダメージ部分をカットしてあげたほうが良いです。

 

「伸ばしているから切りたくないなぁ」

 

確かに、ただ髪を伸ばすのであれば切らないことが一番なのかもしれません。

 

でも「綺麗にのばしていきたい」のなら、定期的なメンテナンスカットは絶対に必要です。いつもきれいな状態でいられるので、そのほうが毎日が快適に過ごせます。カットをしないで伸ばしていても、傷んだ髪の状態がすごいストレスになりますし、傷んだ髪は、結局は切らないといけないんですよね。

 

そんな状態を我慢しているよりも定期的にカットしていきながら「いつも綺麗」のほうが嬉しいと思いませんか?

 

細やかに手を入れることで、理想のイメージを保ったまま美しい髪になれるのです。その秘訣は「定期的にカットする」です。ただし、先ほどもお伝えしましたが、カットの仕方次第では、傷んでしまうこともありますので気を付けてくださいね。

 

 

必須!サロンでの定期的なトリートメント

ご自宅でしっかりケアしていれば、サロンでトリートメントは必要ないと思うかもしれません。でもサロンとでのトリートメントというのは、髪に不足してきている成分をしっかり補っていき、髪の中からケアしていくものです。扱うものにもよって変わってきますが、持続性や効果制はご自宅で使用するものよりも優れています。

 

ご自宅でのトリートメントは今の状態を保つため助長する役割と思ってもらえると良いです。美しい髪のためにはサロンケア+自宅ケアが大切になってきます。サロンでも定期的なトリートメントをお勧めします。

 

その際はしっかりとあなたの髪に合ったもの、髪本来の美しさを引き出してくれるトリートメントを選んでいくと良いですよ。

 

 

 

~髪の治療院~美髪再生フェリーチェの美髪再生トリートメントコースの優れたところ

美容室フェリーチェの美髪再生コースは、ご来店の93%の方にご利用いただいている髪を美しく綺麗にするためのヘアケアコースです。

その特徴は

 

・髪の手触りを悪くする、髪に付着した石灰質を徹底除去。

・そのお客様の髪質・髪の状態に合わせて内容を決めていく、オーダーメイドのトリートメント

・カラーやパーマなどの施術と同時進行で進めるので、髪の負担が少ない

・滑らかな手触りと、驚きの持続性、繰り返すほど髪が本来の美しい状態に導いていきます

・丁寧な工程で気持ちよく綺麗になっていただけます。

・エリア別1サロン限定導入なので、どこでもできるわけではありません。

 

 

もしあなたがどんなトリートメントをしても効果を実感できなかった、というのであれば一度ご相談ください。

詳しくはこちらから

  ↓

~美髪再生~フェリーチェの美髪再生コース

 

 

 

6・美髪のために重要な美容室選び

美容室もとても多いですので、ヘアケアにこだわっているサロンに相談するのが間違いないと思います。

 

髪が綺麗に美しくあるためには、日ごろのケアが大切ではあります。それと同じくらい髪のことを気兼ねなく相談できる美容室、美容師の存在が大切になります。あなたの髪のことをしっかり理解してくれて、あなたの髪を綺麗にしてくれる信頼できるサロンを見つけていきましょう。

 

 

~美髪再生~美容室フェリーチェ

~美髪再生~美容室フェリーチェは美髪・髪を綺麗にすることに得意とする美容室です。近隣の方以外にも、県外からも多数のご来店をいただいていて、年間1500人以上の方に髪を綺麗になっていただくことを喜んでいただいてます。

 

髪が美しいことは毎日を明るく、幸せにすごすことができます。髪が綺麗な女性が増えることは、明るい社会のための貢献と信じています。髪のことやサロン選びでお悩みであれば、是非一度ご相談ください。

 

サロンホームページはこちら

    ↓

トップページ

 

まとめ

 

髪を美しく綺麗にするための6つのこと


 1・知っておきたい髪のこと

 2・髪が傷む原因とその対策は?

 3・美髪のためにこれだけはやってはいけないこと

 4・自宅でできる美髪のための7つのヘアケア法

 5・美髪に欠かせないのが美容室でのメンテナンス

 6・美髪のために重要な美容室選び

 

いかがでしたでしょうか?

 

髪が美しいこと、それは毎日が明るく楽しいことの象徴です。

 

髪が美しいことが嬉しいのはあなただけではありません。あなたのことを大切に思う人も嬉しいものです。髪が綺麗、それだけでたくさんの人が嬉しくなって、喜んでくれます。ぜひとも今日のことを、髪の綺麗のために役立ててくださいね。

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。

 

 

~美髪再生~美容室フェリーチェへのお問い合わせは

〇ご予約を急ぎたい方はお電話で

044-712-7447

 

〇予約の空席状況の確認や髪のご相談はLine@から

クリックしていただき友達追加してください♪

友だち追加

 

『縮毛矯正した髪にパーマってかけられる?』

中学生時代の思春期の多感なころに、シャンプーしたあと乾かさないで寝たら、朝にどうしようもない爆発した頭になって学校に行けなかった・・・

 

念入りにドライヤーをかけて寝たはずなのに、朝には広がってまとまらない状態になっていた・・・

 

雨の日は絶対に外に出たくない・・・

 

パーマかけてるみたいで良いね、と言われるけど、やっぱりどうにかしたいこのくせ毛・・・

 

そんな悩みを解決し

綺麗なストレートヘアーを実現するのが縮毛矯正です。

 

 

縮毛矯正は、薬剤の力とヘアアイロンの熱を利用することによって、くせ毛を直毛にする施術です。

かなり強いくせ毛も、半永久的にまっすぐにすることができます。

でも、髪への負担が大きい施術の一つです。強い薬剤を使用しますので、髪に負担がかかります。

それでも多くの縮毛で悩まれている方に喜ばれている施術です。

 

 

ストレートの髪を手に入れた瞬間は、嬉しくてこの状態が長く続けばいいと思うものです。でも、まっすぐな髪に飽きてしまうこともあり、元の癖毛に戻るのは絶対にいやだけど

 

「パーマをかけてみたい」

 

そう思う方も多いんです。でも残念ですが、

 

縮毛矯正をした髪は、パーマはなかなかかかりません。

 

プロの私たちでも予測が難しく、髪もかなり痛めます。

切れ毛や抜け毛、枝毛といった、縮毛とは別の痛みも出てしまう可能性があります。

 

ただ、条件がよければかけられる場合もあります。

その際は、コールドパーマ(薬剤を使用した往来のパーマ)ではなく、熱を利用した「デジタルパーマ」がかけることお勧めします。

 

できれば、縮毛矯正をかけてもらったサロンに行くか、そうでなければ新しいサロンに、きちんと「縮毛矯正」をした事実と時期をお伝えください。かけるのもできれば1回限り。

 

くせ毛の悩みって深いですよね。だからこそしっかり相談できて、あなたの髪の毛の状態をきちんとわかって、話し合える美容師さんに出会うことも、縮毛矯正した髪にパーマをかけるのに、大きな要素の一つだと思います。

 

まずは諦める前に相談してみてはいかかでしょうか?

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。

 

 

 

 


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

『小さいころはストレートだったのに、大人になったらくせ毛…どうして?』

「今は癖毛だけど、前はストレートの髪だった」

 

お客様の中に、このような方がいます。

 

これとは逆に

 

「前は癖毛だったけど、だんだん癖が無くなってきた」

 

なんて方もいます。

 

 

これはなんでなのでしょうか?

 

 

遺伝によるもの

くせ毛は白髪と同様にで、遺伝による割合が強くあります。両親どちらか、もしくは両方の性質を引き継ぐものです。ご両親がどのような髪質で、これまでの髪の変化を聞いてみると、これからの髪の変化が予測できたりもします。一度聞いてみるのも参考になるかもしれませんね。

 

 

環境によって

髪のキューティクルの中には、コルテックスという成分があります。水分量の増減で、コルテックスは変化し、湿度の多い時期などはより髪がうねりやすく、広がりやすくなります。

湿度や気温の状態によって、髪の癖の出方も変わってきたりするんです。

 

 

 

体の変化

髪が癖になるのは、毛穴が歪んでいることで起こります。

皮膚が下がっていき、頭皮の厚みも薄くなることで毛穴も歪みます。歪んだ毛穴からは、まっすぐな毛は生えてきませんから、加齢とともに毛穴が歪んでいくことで、昔なかった癖が出てくることは珍しいことではありません。

女性の場合、昔よく言われた25歳の「お肌の曲がり角」があって、40歳の誕生日になると、今まで使っていた化粧水を肌が吸収しなくなった、という話があるように、20代、30代、40代と体質が変わっていきます。

髪も同じように変わっていくものでもありますね。

 

 

体調の変化

よくあるのが病気で、髪にうねり、くせが出てきた、というような例です。

病気をしなくても、毛穴の汚れやダイエット、ストレスや頭皮のアルカリ化など、日々の生活の中で、体に変化を与えるようなことは髪の変化にもつながるものです。

 

 

 

なにか対策はあるの???

体調の変化などは生活習慣の改善によって対策していくことができますし、皮膚が下がってくることはヘッドスパや地肌のマッサージで対策していけます。

日々の日常でできるのはこのあたりです。

 

遺伝的な場合は対策していくことを考えること自体が難しいと思います。

 

 

髪が今までとは違った状態になるのは戸惑いますよね。

でも髪も体と同じように変化をしていきます。

 

 

今は技術・薬剤の進歩により、その時の状態を活かして、素敵に仕上げることはいくらでもできるものです。

そんな髪の変化に合わせた、いろいろなヘアスタイルを挑戦してみても新しい自分の発見があって楽しいかもしれません。

ぜひ相談してみてくださいね。

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。

 

 


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

 

『白髪ってどうして生えるの?』

白髪って年を感じるから嫌ですよね。

 

おじいさんやおばあさんの絵が白髪で描かれることに代表されるように、歳をとれば「染めなければ」誰でも白髪になるものだと考えられていました。

今日はそんな白髪についてよくある質問にお答えします。

 

「白髪ってどうして生えるの??」

人の肌や髪は細胞の中にある、メラノサイトというところで生成されるメラニンという色素によって色が黒くなります。

 

このメラノサイトの働きが、なんらかの理由で活動が休止して、メラニン色素が作られなくなることで、髪には黒い色素が提供されなくなり、白髪となるのです。

主に加齢と考えられていましたが、他にも原因といわれているものにはいくつかあります。

 

 

「白髪になった髪は黒く戻るの??」

基本的に自然に元に戻ることはないと考えられています。ただ、一時的なストレスなどによる場合、そのストレスが解消されることで黒く戻ることも確認されています。

 

白髪を抑制する対策はありますが、一度白くなったものを元に戻すことは、今の医学的にもなかなか難しいことのようです。

 

「一晩にして、頭髪が白くなった」ってホント??

表現の一環でのことですね。よく物語や伝記で表現されますが、基本、一晩で白髪になることはないです、

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

白髪になる主な原因

 

〇老化

まず代表的なのが年齢を重ねることで細胞の活動が弱まるから。ということがあります。

悲しいかもしれませんが誰もが必ず年を取りますし、その過程で起こる自然な現象です。

 

〇ミネラル不足などの栄養障害

過度なダイエットや偏った食事、栄養バランスが悪く、血行障害などが伴うと白髪になりやすいと言われています。

 

〇生活習慣

髪が最も成長するのは、副交感神経が活発になるゴールデンタイムの午後10時~午前2時だと言われています。睡眠不足や夜更かしが、白髪の要因になると考えられています。

 

〇遺伝

白髪の遺伝性は強く、家計に多ければ同じように白髪が生えやすかったりします。10代のころの若白髪と呼ばれるものは、遺伝から来ることが多いです。

 

〇ストレス

ストレスが体に与える影響は大きく、白髪に繋がる要因とも考えられています

 

〇病気・疾患

髪は体の中でも特に優先順位が低く、体の不調が髪に与える影響は非常に大きいです。体調不良が白髪になる要因にもなります。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしょうか?

白髪についてのことを知れば、対策も考えていけますよね。

 

 

日本人など黄色人種の黒髪は、メラニン色素が特別多いです。

黒は生命の危険から守る大切な色であり、赤道直下の気温の高い地域に住む住民は、肌の色も黒く髪もまた黒いことも、その理由からともいわれていたりします。

 

そして、白髪は染めれば解決できるという手段があります。

今はヘアカラーもかなり進歩していますので、いろんなカラーを楽しむことができます。

 

また最近では、白髪を活かしたスタイルもトレンドになってきたりしています。あなたに合ったスタイルで、白髪も楽しめたりもするものです。

まずは相談してみてくださいね。

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。

 

 


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

 

白髪染めで明るく染めることはできますか?

「白髪染めは明るくならない」

 

一度は聞いたことがありかもしれませんよね。

ちょっと昔は、白髪染めと言われてイメージするのは、暗く濃い仕上がりの色ではなかったのではないでしょうか?

 

でも最近では、薬剤が進化してきていて、決して明るくできないこともなくなってきました。

サロンで染める場合は明るい仕上がりも楽しめるようになってきています。

 

ただし、お願いすれば必ずできるかと言われるとそうでもなくて、いくつかの注意点があります。

  

・白髪を明るくする

・すでに白髪染めをしている髪を明るくする

 

これによって施術の内容が大きく変わってくるんですね。

今日はそのことについて詳しくお話していきます。

 

 

白髪を明るくする

 

これは問題なくできますが、明るさにはある程度の限界もあります。

白髪の量によっても変わってきます。白髪がまだ少ないころよりも、白髪が多いほうが明るい白髪染めを表現しやすかったりするものです。

 

 

すでに白髪染めをしている髪を明るくする

 

大変なのはこっちです。いくつかのケースがあるので説明していきますね。

 

ケース① これまでしっかりと白髪を染めてきた場合

プロに任せるなら確実にできます。ただ、多少お時間いただきます。

いきなりしっかり明るくしたいとなればブリーチ剤を使用することも考えていかなくてはいけなくて、そうなると髪にものすごい負担をかけてしまいます。

 

なので、徐々に明るくしていくことをよく提案させていただいています。

数か月単位のイメージで、ゆったりと、髪の色の移り変わりを楽しんでいただけたらと思います。

 

その期間というのは、白髪の量や髪質によっても変わってきますので、一人一人違ってくることがほとんどです。

 

 

ケース② 自宅で市販の白髪染めで染めていた場合

この場合、それまでの経過とその薬剤のことが良くわからないため、テストが必要になります。短時間で結果を出すことがなかなか難しいんです。

そして、明るくなっていく過程で、色ムラが出てくる可能性が高いので、基本的には①と同じように、徐々に明るくしていく方向でやっていきながら、経過の状態でまたどうしていくか考えていくことになります。

 

なので注意点①よりも時間がかかることにはなります。

 

 

ケース③ 担当の美容師の力量にもよる

白髪を明るくする方法は、薬剤の配合にもよりますが、ハイライトなどの技術で明るくすることもできます。

 

こういった提案は白髪染めが経験豊富で薬剤知識と正しい毛髪診断ができる美容師のかたほど、たくさんの引き出しを持っているので安心して任せることができるかもしれません。

 

ヘアサロンで使う白髪染めは、お店によっても違います~それだけヘアカラーの数が無数にあるということです。

と、同じように使いこなす美容師の考え方と経験によってアプローチが変わってきたりします。

 

ただ明るくすればよいのか

傷ませず明るくするのか

その人のことをしっかり理解し今すぐ明るくする方法を選ぶのか

 

などは担当の方との相談で決まっていきますが、しっかり相談の上決めていきたいところですね。

 

 

 

 

以上が白髪を明るくするうえで知っておきたいお話です。

明るくできないということはないので、あきらめる前に相談してみてはいかがでしょうか?

もちろんへケアも忘れずに・・・

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。

市販のトリートメントとコンディショナーとリンスの違いって?

『市販のトリートメントとコンディショナーとリンスの違いって?』

 

答えから言ってしまえば、「同じ」です。販売製造しているメーカーによって、分けてると言ったところで、厳密には統一されたものではないんです。

そんな違いを大きくまとめてみました。参考にしてくださいね。

 

〇コンディショナー

油分で髪をコーティングするもの。リンスと効能的には同じであり、リンスのように、サラサラしている液状のものではなく、クリームやゲル状になっている「入れ物」が違うだけかも。

最近では、「セラミド」や「ミネラル」成分が入ったものを、コンディショナーと呼ぶ傾向にあります。

髪表面の補修に加えて、内部の補修もある程度できるものと考えられています。

 

〇トリートメント

コンディショナーやリンスとの差別化において、髪内部の補修を目的としているものが多いです。髪に塗布して、蒸しタオルでターバンして少し置く。数日間それを繰り返すと、髪にハリやコシが戻ってきて、枝毛などを防ぐ効果もあるようです。

「ヘアパック」や「ヘアマスク」と呼ぶ場合もあります。

 

〇リンス

今から50年ほど前に出ました。「酸性リンス」の別名がありました。当時のシャンプー自体が、アルカリ性の性質を持っていたので、リンスをキャップ1杯洗面器に溶かして、髪を徐々に浸す。とても高級な使われ方をしていました。目的は、アルカリ性と酸性で、髪を中性置く役目です。

それから、リンス自体が液状よりも濃くなり、シャンプーの後に直接髪に塗布してから、洗い流す形になりました。

今は、アルカリ性のシャンプーも酸性のリンスも逆に探すことが難しくなり、洗髪製品そのものが中性であることを求められているので、リンスも中性です。髪に油分を加えることによって櫛通りをよくします。

 

 

以上が主な特徴です。

 

 

 

サロンではシャンプーをした後、基本はリンス・コンディショナーが使われます。また、放置時間などを長く置いても、効果が良くなるわけではないので、全体になじませてすぐ流しても良いものがほとんどです。市販品もその点は同じですね。

 

サロンでのトリートメントは、髪の質感をより綺麗にしたかったり、ダメージが気になるときに、私たちからお話したり、お客様のご要望があるときに施術させていただきます。

 

自分の髪に合うと思ったものを使うのが一番だと思いますが、基本的に髪の質感をコントロールすることが目的で、髪の傷みが良くなるわけではありませんので、どんなに髪人合っていると思っても、定期的にカットをしてあげて傷んでいるところは切ってしまうことをお勧めします。

 

 

買ったはいいけど使いきれないで残ったまま・・・

 

こんな経験ありませんか?

 

市販品が悪いということではないですが、実際に使ってみないと自分の髪に合っているかどうかが分からないですよね。シャンプーに限らずこれって選ぶときに悩む要因でもあります。

 

それだったら実際にサロンで、合うものを美容師さん移選んでもらい、使って自分に会うかどうか確認してから選んだ方が、無駄も無いので良いのかなと思います。

 

ぜひ一度相談してみてください。

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。

 

 


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

ヘアカラーとヘアマニュキュアの違いって?

ヘアカラーのことで割と多い質問で

 

「ヘアカラーとヘアマニュキュアは、一体どう違うの??」

 

というのがあります。

 

同じカラーじゃないの?

ヘアマニキュアは白髪が染まるの??

 

このような疑問を持ったことは何ですか??

今日はそんなヘアカラーとヘアマニキュアの違いについてお話していきます。

 

ヘアマニュキュアってどんなもの??

 

文字通り、髪の毛に「マニュキュア」をするものです。

髪の毛の表面をマニュキュアでコーティングすることによって、色を定着させます。

大きな特徴は髪をまったく傷ませないことですね。

 

フィルムを貼るような感覚に近いので、透明なヘアマニュキュアによって、ツヤだけを出すか。色味を持ったもので、元々の髪自体にわずかに色をつけることもできます。

白髪にはそのまま色が乗ります。淡いピンク系にしたいはずが、結構ショッキングピンクになってしまう、なんてこともありますが、白髪の分量によってはいろんなカラーを楽しむこともできます。

 

あくまでもコーティングなので、シャンプーのたびに目に見えた色が少しずつ落ちていきます。染めたあと数日間はお風呂上りに明るいタオルでタオルドライすると、色がタオルに載ってしまうことがありますので注意です。

表面コーティングだけなので、元々の髪色を明るくすることはできません。黒髪に色味を重ねても、光の加減でわかるくらいの自然な仕上がりとなります。そして、地肌についてしまうとなかなか落ちないので、しっかり根元まで塗布することができないことがあります。

 

でも、ヘアカラーや白髪染めと違って、発色させるわけではないので、生えて来た根元の色が目立つことがないのが、メリットと言えるかもしれません。

 

コーティングすることによって、艶も出ますので、見た目は健康な髪に見えるようになるのも特徴です。ただ、傷んでいる髪が治るというわけでもないので、髪の傷みの根本となる原因は、しっかり対策していきましょう。

 

ヘアカラーはいったいどういうもの??

ヘアカラーは、毛髪内部まで浸透し化学反応を起こし、内部から色を発色させます。髪の毛の色の元になるメラニン色素(聞いたことあるでしょうか?)を脱色し明るくつつ、染料で染色していきます。

 

マニュキュアと違って、本来のの髪の色を変えてしまえるものです。

つまり、元々の色を変えるくらいの化学薬品ともいえるので、たんぱく質や水分をキープさせるキューティクルにも作用しますので、髪にダメージも与えます。

 

自分でシャンプーすると、髪がカサカサとリカちゃん人形のような髪の毛に感じる経験を、ヘアカラーした後にした方も多いのでは?。

 

また、薬品ですので地肌がかゆくなったり、カサついた状態になることもあります。

染料にアレルギー反応が出る方は、ヘアカラーはできません。

 

けれど、今は、髪にも地肌にもやさしいヘアカラーがどんどん開発されていますし、地肌の保護剤なども良いものが出てきています。刺激を少なく染めることはできるようになってきているんですね。

 

ヘアカラーは、マニュキュアのように目に見えて色落ちしませんが、褪色がといって、時間が経つにつれて色が褪せて、染めたときよりも明るいブリーチされた状態になります。この時に、髪内部のたんぱく質成分も流れて出てしまうので、バサバサした質感になってしまいます。

 

染める明るさによっては、根本から新しい髪が生えてきた髪と色の差が出やすく、「プリンになっているよ」なんて言われるような、色の差も出てきたりしますよね。

なので、定期的にヘアカラーすることをお勧めします。

 

ヘアカラーとヘアマニキュアの相性

 

マニュキュアした髪は、コーティングされているので、その後ヘアカラーをしようとしたとき、思うような色が出にくいです。仕上がり自体が甘く無いりやすい傾向があります。

でも、逆にヘアカラーした髪にはマニュキュアはできます。

 

 

どっちを選べばよいの??

 

これはあなたの髪の状態と、どういったことご希望があるかによって変わってきます。

 

傷ませたくない

特に明るくしたいわけじゃない

まだ染めるほどじゃないかもだけど数本の白髪が気になる

 

こういったようなときはヘアマニキュアがおおススメ。

 

いろんな髪色を楽しみたい

マニキュアの色落ちが嫌

白髪も根元からしっかり染めたい

 

 

こういった場合はヘアカラーが良いと思います。

 

自分の髪の状態。

また、どんな仕上がりを期待するかで、どちらかを選択するなり、両方を順序良くするなり、髪のおしゃれを楽しむためにも、しっかり相談していきましょう。

 

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。

 

 


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

市販のカラートリートメントってどんなもの?

「シャンプーの後に、いつものコンディショナーの代わりに5分置くだけで、白髪が染まる」っていうCMとか広告、見たり聞いたりしたことありませんか?

 

昆布が主成分、とかヘナ配合など、

負担がなく、自宅で簡単に白髪を染めていけそうな感じのもの

 

カラートリートメントっていったいどんなもの?

 

この市販のカラートリートメント剤は、「塩基性染料」と「HC染料」の2つの成分に分かれています。

 

 

「塩基性染料」とは??

イオンの力で髪に付着しコーティングします。

髪の持っているプラスイオン、マイナスイオンに結合し色を定着させます。

イメージ的にはヘアマニュキュアに近いものです。

 

 

HC染料」って??

髪のキューティクルの隙間から毛髪内に入り込み、色素を定着させます。

イメージ的には、おしゃれ染めに近いですね。

 

 

 

ヘアカラーとの大きな違い

染料とは名前がついていますが、メラニン色素に作用するヘアカラー・白髪染めとは違って、カラートリートメントは塩基性染料もHC染料でも、メラニン色素に働きかけて黒くすることはしないんです。

 

 

カラートリートメントの良いところ

トリートメントだから、髪の質感をツヤツヤサラサラにする効果はあると思います(そうでないのもありますけど)。

そういう意味では、今まで、リンスとかコンディショナーを髪につけてすぐに洗い流してしまう状態より、少しでも色が乗るように5分でも置けば、髪の手触りはよくなるかもしれません。

 

染毛剤ではない、髪をコーティングするだけなので、髪も地肌も傷めることはありません。放置時間の間、お風呂の中でリラックスすることもでき、時間を無駄に使わずに済みます。

自宅でヘアカラーをするとなると、家の中、床や畳にカラーを落とさないよう、また、生え際も染めてしまわないように万全の準備をして神経を使いながら、塗って放置時間を待つことにくらべたら、手軽ですし、お風呂で洗い流せるので神経も使わないで済みます。これはメリットですね。

 

使用する色によっては、白髪をよりきれいなロマンスグレーヘアーに見せることもできる商品も出てきましたね。白髪を活かすということにおいては優れているものと言えます。

 

少しだけ白髪が増えてきたなという方、反対にもう白髪染めをするのは嫌だという方。

髪が傷むアカラーはしたくないかも・・・

こんなときカラートリートメントを検討するのは良いと思います。

 

カラートリートメントの注意点

昔の白髪染めは、どんなによく洗い流しても、髪に残った染料が枕も染めてしまうことがあったそうです。

今のヘアカラーは品質が優れたものが多く、そんなことはなくなりましたが、市販のカラートリートメントはこのようなことがあるかもしれません。

市販のカラートリートメントは髪の表面に着色する、いわば水性インクのようなものなので、水に濡れると落ちやすい性質です。濡れた状態で寝てしまったりすると、枕などに染料が付着してしまう可能性もあります。

 

そして、カラートリートメントは染毛剤ではないので、1回では染まりません。

繰り返し繰り返し、使用しないと、希望の色に仕上がらないことがほとんどです。

また、明るくなることはできないので、白髪の量が多ければ明るい仕上がりにはなりますが、白髪の量が少ないと明るく魅せることは難しいものでもあります。

また、市販のカラートリートメント使っている状況の時、白髪染めをしても、表面がコーティングされてるので、染まりにくいこともあります。

 

 

美容室専売のものが増えてきています!

カラートリートメントというのは、市販品や通販品ほうが良く知られていますが、近年では美容室専売の物が出てきています。まず良いのが仕上がりの色がとっても綺麗。色のバリエーションも豊富で、ヘアカラーの持ちを良くすることもできますし、白髪を活かした綺麗なロマンスグレーを実現することもできます。

 

もちろんヘアカラーよりも負担は少ないので、一度聞いてみてはいかがでしょうか??

 

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことをお応援しています。

 


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

縮毛矯正とストレートパーマってどう違うの??

「どうにかしたいこの嫌なくせ毛・・・」
「綺麗なサラサラストレートになりたい・・・」

 

癖毛で悩んでいる方はとっても多いです。誰もが憧れる綺麗なストレートヘアー。

 

「日本人の黒髪ストレートは海外でものすごくモテる」

なんてことも言われるくらいです。

嫌な癖、梅雨時期みたいな湿気が多い時期はどうにかしたいと思いますよね。

髪の癖をまっすぐにして扱いやすくするのが縮毛矯正なんですけど、その際によくいただく質問で

 

「ストレートパーマって縮毛矯正とどう違うの??」

 

というのがあります。

確かになんとなくわかりにくいですよね・・・

今日はそんな縮毛矯正とストレートパーマの違いについてお話していきます。

 

 

絶対に綺麗なストレートにしたい!そんな時は縮毛矯正

癖を矯正し、髪をまっすぐにするのが縮毛矯正です。

ヘアアイロンを使い、熱で髪のたんぱく質を変性させてクセを伸ばすため、かけたところは半永久的にストレートに仕上がります。アイロンで施術するので仕上がりもツヤツヤになります。

 

 

縮毛矯正はどんな人に向いてるの?
縮毛矯正は、もともと地毛に強いクセがある方が、髪をまっすぐにするのに適しています。
「とにかく癖が嫌!まっすぐ綺麗なストレートにしたい!」
という方は縮毛矯正が最適です。

 

縮毛矯正の注意点
たんぱく質に変性を起こし半永久的に癖が矯正されるので、そのあとに「やっぱりパーマかけたい」と思っても、かけることは困難です。
プロの私たちでも仕上がりの予測がつかないことがほとんどです。
髪にも、ものすごいダメージを与えますので、その後の施術は気を付けなくてはいけないんです。

 

 

ストレートパーマはどんなもの??

縮毛矯正との大きな違いは、ヘアアイロンを使用しないことです。
ということは、癖毛を矯正する力は縮毛矯正よりも弱くなります。私たち美容師は一度かけたパーマを落とすのがストレートパーマという認識がほとんどなのではないと思います。です。ですので、パーマによるカールを取ったり、ボリュームを抑えたりするのには適しています。もとのクセ毛をまっすぐに伸ばすことはあまり適していません。
ただ、髪質によってはストレートパーマでもまっすぐになる場合もあります。

ストレートパーマはどんな人に向いてるの?
先ほどのとおり、かけたパーマを落とすのがストレートパーマです。パーマを落としたいという人は良いと思います。

他にも髪のクセが比較的弱い方、髪がまとまらない方や根元のボリュームを抑えたい方などに向いているといえます。

 

髪の負担の違いは??
ストレートパーマはヘアアイロンなどでさらに熱処理をする縮毛矯正に比べると髪へ

 

 

の負担は少ないといえますが、どちらも通常のパーマに比べると強い薬剤を使用しますので、しっかりとヘアケアをしないと、綺麗な状態を保てなくなることも有ります。また、もともと髪がひどく傷んでいるとかかりにくい場合もあるので、その場合は施術を見送り、髪のケアに集中するほうが良いと思います。施術後はしっかりと日々ケアをしていき綺麗なストレートヘアーを保っていきましょう。

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

パーマスタイルを綺麗に保つために知ってほしいパーマのこと

動きのある軽やかなスタイルになったり・・・

毛先のまとまりを良くして毎日のスタイリングを簡単にしたり・・・

ペタンコの髪にボリュームを出したりと・・・

嫌な癖を綺麗なストレートにしたり・・・

 

髪の形状を変えて、さまざまなスタイルを楽しむことができるパーマ。

 

 

 

 

カラーリングですとおおよそ1か月半~2カ月くらい、白髪などの場合は早ければ1か月の頻度です。

ではパーマではどのくらいの頻度が望ましいのでしょうか?

 

これは結論から言うと

スタイリングしづらくなったら

です。

 

パーマスタイルはそのスタイルにもよってパーマの持ちが違ってきます。

 

ショートスタイルのふんわりボリュームを出すパーマだったら、根元に新しい髪が伸びて来れば1か月半くらいでボリュームは保てなくなってくきたりもしますが、ロングのウェーブスタイルでデジタルパーマでかけた場合など、長さを保っていれば3か月以上ウェーブが保っていることもあります。

 

ですので、

普段のスタイリングが扱いにくくなってきた・・・

という時が、パーマをかけるタイミングです。

 

 

 

パーマの持ちを良くするためにはどうしたらいいの?

せっかく綺麗に仕上がったパーマスタイル

「少しでも長くパーマを持たせたい」

そう思うのは当然ですよね。

 

カールを伸ばさないように気を付ける

自然にスタイリングしているつもりでも、無意識に手で伸ばしてしまっていることで、パーマが取れやすくなってしまうことがあります。

ウェーブやカールを伸ばさないようにスタイリングしていくことを意識していきましょう。

 

かけた直後のシャンプーを気を付ける

パーマをかけた当日は、まだ髪の状態が安定ていませんので、できればシャンプーは控えましょう。

またパーマもカラーも熱にあまり強くありません。入浴時のシャワーの温度は人肌くらいの暑すぎない温度で流すようにしてあげてください。

 

 

乾燥しがちな冬よりも湿気の多い夏のほうがパーマがもつ

くせ毛にも同じことが言えますが、パーマのカールウェーブは水に濡れているときのほうが、乾ききったときよりもカールが出ます。

ですので、空気中の水分が少ない冬よりも、湿気の多く含んでいる梅雨や夏の季節のときのほうが、パーマが出やすくなるんです。

こういったことから、スタイルによっては乾燥時は湿気の多い時期よりも、パーマをしっかりかけてあげたほうが良かったりしたりもします。

 

毎日のヘアケアも忘れずに

パーマに限ったことではありませんが、紫外線や乾燥などのダメージもまた髪に悪影響を与え、綺麗なパーマスタイルを保てない要因になります。

日ごろからのヘアケアもしっかり心掛けていきましょう。

 

形を変えることでいろんなスタイルを楽しめるのがパーマの魅力

綺麗に保ちながら楽しんでいきましょう。

 

 

 

あなたの髪が今日も美しいことを応援しています。

 

 

 


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

7『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

初回限定ご予約 0447127447 予約・お問い合わせ