このページのTOPへ

~美髪再生~美容室Feliceフェリーチェ

小田急線栗平駅徒歩1分
当店はあなたの髪の悩みを解決に導く髪の治療院です。

image
0447127447 お問い合わせ

小田急線栗平駅徒歩1分
当店はあなたの髪の悩みを解決に導く髪の治療院です。

border

白髪染めで明るく染めることはできますか?

「白髪染めは明るくならない」

 

一度は聞いたことがありかもしれませんよね。

ちょっと昔は、白髪染めと言われてイメージするのは、暗く濃い仕上がりの色ではなかったのではないでしょうか?

 

でも最近では、薬剤が進化してきていて、決して明るくできないこともなくなってきました。

サロンで染める場合は明るい仕上がりも楽しめるようになってきています。

 

ただし、お願いすれば必ずできるかと言われるとそうでもなくて、いくつかの注意点があります。

  

・白髪を明るくする

・すでに白髪染めをしている髪を明るくする

 

これによって施術の内容が大きく変わってくるんですね。

今日はそのことについて詳しくお話していきます。

 

 

白髪を明るくする

 

これは問題なくできますが、明るさにはある程度の限界もあります。

白髪の量によっても変わってきます。白髪がまだ少ないころよりも、白髪が多いほうが明るい白髪染めを表現しやすかったりするものです。

 

 

すでに白髪染めをしている髪を明るくする

 

大変なのはこっちです。いくつかのケースがあるので説明していきますね。

 

ケース① これまでしっかりと白髪を染めてきた場合

プロに任せるなら確実にできます。ただ、多少お時間いただきます。

いきなりしっかり明るくしたいとなればブリーチ剤を使用することも考えていかなくてはいけなくて、そうなると髪にものすごい負担をかけてしまいます。

 

なので、徐々に明るくしていくことをよく提案させていただいています。

数か月単位のイメージで、ゆったりと、髪の色の移り変わりを楽しんでいただけたらと思います。

 

その期間というのは、白髪の量や髪質によっても変わってきますので、一人一人違ってくることがほとんどです。

 

 

ケース② 自宅で市販の白髪染めで染めていた場合

この場合、それまでの経過とその薬剤のことが良くわからないため、テストが必要になります。短時間で結果を出すことがなかなか難しいんです。

そして、明るくなっていく過程で、色ムラが出てくる可能性が高いので、基本的には①と同じように、徐々に明るくしていく方向でやっていきながら、経過の状態でまたどうしていくか考えていくことになります。

 

なので注意点①よりも時間がかかることにはなります。

 

 

ケース③ 担当の美容師の力量にもよる

白髪を明るくする方法は、薬剤の配合にもよりますが、ハイライトなどの技術で明るくすることもできます。

 

こういった提案は白髪染めが経験豊富で薬剤知識と正しい毛髪診断ができる美容師のかたほど、たくさんの引き出しを持っているので安心して任せることができるかもしれません。

 

ヘアサロンで使う白髪染めは、お店によっても違います~それだけヘアカラーの数が無数にあるということです。

と、同じように使いこなす美容師の考え方と経験によってアプローチが変わってきたりします。

 

ただ明るくすればよいのか

傷ませず明るくするのか

その人のことをしっかり理解し今すぐ明るくする方法を選ぶのか

 

などは担当の方との相談で決まっていきますが、しっかり相談の上決めていきたいところですね。

 

 

 

 

以上が白髪を明るくするうえで知っておきたいお話です。

明るくできないということはないので、あきらめる前に相談してみてはいかがでしょうか?

もちろんへケアも忘れずに・・・

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。

デジタルパーマと普通のパーマってどう違うの?

デジタルパーマがサロンに登場してきて15年くらいになります。

なんとなく知ってはいるけど、いまいちよくわからない・・・

そんなあなたのために今日はデジタルパーマと普通のパーマの違いについてお話します。

 

パーマの歴史

 

パーマの始まりの頃は、金属製のロットを巻き、パーマ液をつけ、電熱が通っているクリップで留めてかける。仕上がりが「サザエさん」のヘアスタイル的なものでした。薬剤と電熱両方使うのが、パーマでした。

電気パーマともいわれていました。

 

そこから電熱クリップがなくなり、お釜とよばれる天井からつるされた電気釜のような熱風のでる機会に、ロットを巻いた頭でってパーマって時代を経て、ご婦人の方なら、薬剤だけでかかる「コールドパーマ」、男性だったら、薬剤つけて細い小手でまく「アイパー(アイロンパーマ)の時代になりました。

 

そして今は、やはり薬剤だけでパーマを

かける「コールドパーマ」系と、薬剤と熱の力でかける「デジタルパーマ」系に二極化しました。

 

 

コールドパーマ

いわゆる「普通のパーマ」と呼ばれるものです。

ロットを巻いて、1剤つけて、化学反応を起こし髪の癖を組織している結合を外します。

そして2剤をつけて外した結合を再び繋ぎ、髪を撒かれたロッドの形状に変えることでウエーブを固定化させるんです。

デジタルパーマが世に登場するまでは、このコールドパーマがパーマの主流でした。

 

 

 

デジタルパーマ

 

デジタルパーマは、10数年前に登場したパーマです。(通称デジパー)形状記憶パーマとも呼ばれ、専用のマシーンを使用します。

パーマ液だけでなく、熱も加える。かつての電気パーマに原理は近く、髪の毛のたんぱく質を加熱することで、しっかりとしたウェーブの形状が記憶されます。

いかにもパーマかけましたといった仕上がりにはならず、自然な巻き髪風に仕上がります。

 

熱を加えることでウェーブの形をしっかり髪の毛に記憶させるのです。ただ乾かすだけでサロンでの仕上がりが簡単に再現されるので、スタイリングがとっても楽です。

 

原理は縮毛矯正と同じ感じです。通常のコールドパーマよりも持ちがよいのも特徴ですね。

 

 

選ぶときのポイントは??

デジタルパーマは根元にボリュームが必要なスタイルにはあまり向いていません。

ですのでそういったスタイルを希望の時はコールドパーマが良いかと思います。

 

デジタルパーマは持続性と再現性が高いですが、仕上がりは大きめのカールウェーブです。

ミディアムやロングの巻き髪スタイルはデジタルパーマが威力を発揮できます。

 

ミディアム・ロングでも細かいウェーブのスタイルはコールドパーマのほうが良いかもしれません。

 

スタイルに応じて自分に合うパーマスタイルを模索してもいいかもしれませんね。

 

 

髪への負担は??

 

どちらも髪に負担をかけるものではありますが、通常のパーマ薬剤に加え、加熱するデジタルパーマは、コールドパーマとは髪に出る影響が違います。

 

コールドパーマは髪の表面に負担をかけるので、パサつきや感想などを起こします。

 

一方でデジタルパーマは過熱によりたんぱく質に変性を起こすので、負担をかけすぎると「硬化」という髪が硬くゴワゴワした状態になってしまいます。

 

どちらにおいても正しい施術で軽減でき回避できますが、日ごろのケアもとても大切です。

かけたての仕上がりに特に何も感じなくても、毎日のケアはしっかり続けてくださいね。

 

パーマは楽しい!

 

パーマは髪の形状をかけ、いろいろなスタイルを楽しむことができます。

またボリュームなど髪の悩みを解決できる優れた技術です。

 

「パーマは傷む」

 

ということを不安に思う方が多いですが、正しく施術していき、ケアもしっかりしていけば続けやすいものなんです。

ぜひいろんなスタイルを楽しんでいきましょう♪

 

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

 

市販のトリートメントとコンディショナーとリンスの違いって?

『市販のトリートメントとコンディショナーとリンスの違いって?』

 

答えから言ってしまえば、「同じ」です。販売製造しているメーカーによって、分けてると言ったところで、厳密には統一されたものではないんです。

そんな違いを大きくまとめてみました。参考にしてくださいね。

 

〇コンディショナー

油分で髪をコーティングするもの。リンスと効能的には同じであり、リンスのように、サラサラしている液状のものではなく、クリームやゲル状になっている「入れ物」が違うだけかも。

最近では、「セラミド」や「ミネラル」成分が入ったものを、コンディショナーと呼ぶ傾向にあります。

髪表面の補修に加えて、内部の補修もある程度できるものと考えられています。

 

〇トリートメント

コンディショナーやリンスとの差別化において、髪内部の補修を目的としているものが多いです。髪に塗布して、蒸しタオルでターバンして少し置く。数日間それを繰り返すと、髪にハリやコシが戻ってきて、枝毛などを防ぐ効果もあるようです。

「ヘアパック」や「ヘアマスク」と呼ぶ場合もあります。

 

〇リンス

今から50年ほど前に出ました。「酸性リンス」の別名がありました。当時のシャンプー自体が、アルカリ性の性質を持っていたので、リンスをキャップ1杯洗面器に溶かして、髪を徐々に浸す。とても高級な使われ方をしていました。目的は、アルカリ性と酸性で、髪を中性置く役目です。

それから、リンス自体が液状よりも濃くなり、シャンプーの後に直接髪に塗布してから、洗い流す形になりました。

今は、アルカリ性のシャンプーも酸性のリンスも逆に探すことが難しくなり、洗髪製品そのものが中性であることを求められているので、リンスも中性です。髪に油分を加えることによって櫛通りをよくします。

 

 

以上が主な特徴です。

 

 

 

サロンではシャンプーをした後、基本はリンス・コンディショナーが使われます。また、放置時間などを長く置いても、効果が良くなるわけではないので、全体になじませてすぐ流しても良いものがほとんどです。市販品もその点は同じですね。

 

サロンでのトリートメントは、髪の質感をより綺麗にしたかったり、ダメージが気になるときに、私たちからお話したり、お客様のご要望があるときに施術させていただきます。

 

自分の髪に合うと思ったものを使うのが一番だと思いますが、基本的に髪の質感をコントロールすることが目的で、髪の傷みが良くなるわけではありませんので、どんなに髪人合っていると思っても、定期的にカットをしてあげて傷んでいるところは切ってしまうことをお勧めします。

 

 

買ったはいいけど使いきれないで残ったまま・・・

 

こんな経験ありませんか?

 

市販品が悪いということではないですが、実際に使ってみないと自分の髪に合っているかどうかが分からないですよね。シャンプーに限らずこれって選ぶときに悩む要因でもあります。

 

それだったら実際にサロンで、合うものを美容師さん移選んでもらい、使って自分に会うかどうか確認してから選んだ方が、無駄も無いので良いのかなと思います。

 

ぜひ一度相談してみてください。

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。

 

 


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

ヘアカラーとヘアマニュキュアの違いって?

ヘアカラーのことで割と多い質問で

 

「ヘアカラーとヘアマニュキュアは、一体どう違うの??」

 

というのがあります。

 

同じカラーじゃないの?

ヘアマニキュアは白髪が染まるの??

 

このような疑問を持ったことは何ですか??

今日はそんなヘアカラーとヘアマニキュアの違いについてお話していきます。

 

ヘアマニュキュアってどんなもの??

 

文字通り、髪の毛に「マニュキュア」をするものです。

髪の毛の表面をマニュキュアでコーティングすることによって、色を定着させます。

大きな特徴は髪をまったく傷ませないことですね。

 

フィルムを貼るような感覚に近いので、透明なヘアマニュキュアによって、ツヤだけを出すか。色味を持ったもので、元々の髪自体にわずかに色をつけることもできます。

白髪にはそのまま色が乗ります。淡いピンク系にしたいはずが、結構ショッキングピンクになってしまう、なんてこともありますが、白髪の分量によってはいろんなカラーを楽しむこともできます。

 

あくまでもコーティングなので、シャンプーのたびに目に見えた色が少しずつ落ちていきます。染めたあと数日間はお風呂上りに明るいタオルでタオルドライすると、色がタオルに載ってしまうことがありますので注意です。

表面コーティングだけなので、元々の髪色を明るくすることはできません。黒髪に色味を重ねても、光の加減でわかるくらいの自然な仕上がりとなります。そして、地肌についてしまうとなかなか落ちないので、しっかり根元まで塗布することができないことがあります。

 

でも、ヘアカラーや白髪染めと違って、発色させるわけではないので、生えて来た根元の色が目立つことがないのが、メリットと言えるかもしれません。

 

コーティングすることによって、艶も出ますので、見た目は健康な髪に見えるようになるのも特徴です。ただ、傷んでいる髪が治るというわけでもないので、髪の傷みの根本となる原因は、しっかり対策していきましょう。

 

ヘアカラーはいったいどういうもの??

ヘアカラーは、毛髪内部まで浸透し化学反応を起こし、内部から色を発色させます。髪の毛の色の元になるメラニン色素(聞いたことあるでしょうか?)を脱色し明るくつつ、染料で染色していきます。

 

マニュキュアと違って、本来のの髪の色を変えてしまえるものです。

つまり、元々の色を変えるくらいの化学薬品ともいえるので、たんぱく質や水分をキープさせるキューティクルにも作用しますので、髪にダメージも与えます。

 

自分でシャンプーすると、髪がカサカサとリカちゃん人形のような髪の毛に感じる経験を、ヘアカラーした後にした方も多いのでは?。

 

また、薬品ですので地肌がかゆくなったり、カサついた状態になることもあります。

染料にアレルギー反応が出る方は、ヘアカラーはできません。

 

けれど、今は、髪にも地肌にもやさしいヘアカラーがどんどん開発されていますし、地肌の保護剤なども良いものが出てきています。刺激を少なく染めることはできるようになってきているんですね。

 

ヘアカラーは、マニュキュアのように目に見えて色落ちしませんが、褪色がといって、時間が経つにつれて色が褪せて、染めたときよりも明るいブリーチされた状態になります。この時に、髪内部のたんぱく質成分も流れて出てしまうので、バサバサした質感になってしまいます。

 

染める明るさによっては、根本から新しい髪が生えてきた髪と色の差が出やすく、「プリンになっているよ」なんて言われるような、色の差も出てきたりしますよね。

なので、定期的にヘアカラーすることをお勧めします。

 

ヘアカラーとヘアマニキュアの相性

 

マニュキュアした髪は、コーティングされているので、その後ヘアカラーをしようとしたとき、思うような色が出にくいです。仕上がり自体が甘く無いりやすい傾向があります。

でも、逆にヘアカラーした髪にはマニュキュアはできます。

 

 

どっちを選べばよいの??

 

これはあなたの髪の状態と、どういったことご希望があるかによって変わってきます。

 

傷ませたくない

特に明るくしたいわけじゃない

まだ染めるほどじゃないかもだけど数本の白髪が気になる

 

こういったようなときはヘアマニキュアがおおススメ。

 

いろんな髪色を楽しみたい

マニキュアの色落ちが嫌

白髪も根元からしっかり染めたい

 

 

こういった場合はヘアカラーが良いと思います。

 

自分の髪の状態。

また、どんな仕上がりを期待するかで、どちらかを選択するなり、両方を順序良くするなり、髪のおしゃれを楽しむためにも、しっかり相談していきましょう。

 

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことを応援しています。

 

 


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

市販のカラートリートメントってどんなもの?

「シャンプーの後に、いつものコンディショナーの代わりに5分置くだけで、白髪が染まる」っていうCMとか広告、見たり聞いたりしたことありませんか?

 

昆布が主成分、とかヘナ配合など、

負担がなく、自宅で簡単に白髪を染めていけそうな感じのもの

 

カラートリートメントっていったいどんなもの?

 

この市販のカラートリートメント剤は、「塩基性染料」と「HC染料」の2つの成分に分かれています。

 

 

「塩基性染料」とは??

イオンの力で髪に付着しコーティングします。

髪の持っているプラスイオン、マイナスイオンに結合し色を定着させます。

イメージ的にはヘアマニュキュアに近いものです。

 

 

HC染料」って??

髪のキューティクルの隙間から毛髪内に入り込み、色素を定着させます。

イメージ的には、おしゃれ染めに近いですね。

 

 

 

ヘアカラーとの大きな違い

染料とは名前がついていますが、メラニン色素に作用するヘアカラー・白髪染めとは違って、カラートリートメントは塩基性染料もHC染料でも、メラニン色素に働きかけて黒くすることはしないんです。

 

 

カラートリートメントの良いところ

トリートメントだから、髪の質感をツヤツヤサラサラにする効果はあると思います(そうでないのもありますけど)。

そういう意味では、今まで、リンスとかコンディショナーを髪につけてすぐに洗い流してしまう状態より、少しでも色が乗るように5分でも置けば、髪の手触りはよくなるかもしれません。

 

染毛剤ではない、髪をコーティングするだけなので、髪も地肌も傷めることはありません。放置時間の間、お風呂の中でリラックスすることもでき、時間を無駄に使わずに済みます。

自宅でヘアカラーをするとなると、家の中、床や畳にカラーを落とさないよう、また、生え際も染めてしまわないように万全の準備をして神経を使いながら、塗って放置時間を待つことにくらべたら、手軽ですし、お風呂で洗い流せるので神経も使わないで済みます。これはメリットですね。

 

使用する色によっては、白髪をよりきれいなロマンスグレーヘアーに見せることもできる商品も出てきましたね。白髪を活かすということにおいては優れているものと言えます。

 

少しだけ白髪が増えてきたなという方、反対にもう白髪染めをするのは嫌だという方。

髪が傷むアカラーはしたくないかも・・・

こんなときカラートリートメントを検討するのは良いと思います。

 

カラートリートメントの注意点

昔の白髪染めは、どんなによく洗い流しても、髪に残った染料が枕も染めてしまうことがあったそうです。

今のヘアカラーは品質が優れたものが多く、そんなことはなくなりましたが、市販のカラートリートメントはこのようなことがあるかもしれません。

市販のカラートリートメントは髪の表面に着色する、いわば水性インクのようなものなので、水に濡れると落ちやすい性質です。濡れた状態で寝てしまったりすると、枕などに染料が付着してしまう可能性もあります。

 

そして、カラートリートメントは染毛剤ではないので、1回では染まりません。

繰り返し繰り返し、使用しないと、希望の色に仕上がらないことがほとんどです。

また、明るくなることはできないので、白髪の量が多ければ明るい仕上がりにはなりますが、白髪の量が少ないと明るく魅せることは難しいものでもあります。

また、市販のカラートリートメント使っている状況の時、白髪染めをしても、表面がコーティングされてるので、染まりにくいこともあります。

 

 

美容室専売のものが増えてきています!

カラートリートメントというのは、市販品や通販品ほうが良く知られていますが、近年では美容室専売の物が出てきています。まず良いのが仕上がりの色がとっても綺麗。色のバリエーションも豊富で、ヘアカラーの持ちを良くすることもできますし、白髪を活かした綺麗なロマンスグレーを実現することもできます。

 

もちろんヘアカラーよりも負担は少ないので、一度聞いてみてはいかがでしょうか??

 

 

 

 

今日もあなたの髪が美しいことをお応援しています。

 


〇~髪の治療院~美髪再生美容室Feliceからの公式Line@による

『髪を綺麗にしていくための秘訣』を発信することとなりました!

友達追加で登録できます。

 

「髪のことで悩んでる」「もっときれいな髪になりたい」そんなあなたのための、情報マガジンです♪

ぜひとも登録してみてください♪

髪のお悩みや、質問なども随時受け付けてますので、お困りのこと、聞いてみたいことなどありましたら、何でも聞いてくださいね♪

↓登録はこちらから↓

友だち追加

 

〇~美髪再生~美容室フェリーチェ

『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。
「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」
という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

初回限定ご予約 0447127447 予約・お問い合わせ