このページのTOPへ

0447127447
~美髪再生~美容室Feliceフェリーチェ

小田急線栗平駅徒歩1分
当店はあなたの髪の悩みを解決に導く髪の治療院です。

image
0447127447 お問い合わせ

小田急線栗平駅徒歩1分
当店はあなたの髪の悩みを解決に導く髪の治療院です。

border

美容師が意識する基本の乾かし方

前回、右側の髪がはねてしまう理由をお伝えしました。

いつも右側の髪がはねてしまうのはどうして?

はねてしまうのはその生え癖後ろに向かい、根本がつぶれていることが原因です。

はねていない方の根元は前に向かって自然な立ち上がっています。

ですので、つぶれている根元を同じように立ち上げてあげる必要があります。

 

つまり

IMG_0350 usiro

これを

IMG_0350 つぶれていない

こうしたいのですね。

根元の生え癖なので髪の毛自体の癖とは違いパーマや縮毛矯正などでどうにかできるものではありません。

フェリーチェでは日々の解決案として生え癖に合った正しいドライヤーのかけ方を提案しています。

今回髪がはねる際の乾かし方をお伝えしていく予定でしたが、まずその前に

美容師が意識する基本的な乾かし方をお話していきますね。

 

①タオルでしっかり水気をとり、洗い流さないトリートメントを中間〜毛先に馴染ませます。

②目の粗いくしなどでとかしながら形を整えます。

③髪の毛の量が多く、乾きにくい襟足部分の根元から乾かし始めていきます。
(*毛先が先に乾いてしまうとバサバサしてしまいます。)

④襟足 → 後頭部 → 耳周り→ はち上・前髪
という順で根元をふんわりさせるように乾かします。
つむじに向かってドライヤーの風向きを向けて乾かすことを意識するとふんわりしやすいです。
根元が乾いた頃には毛先もだいぶ乾いてきます。

⑤全体が乾いてきたら「後ろから前」「上から下」に温風をあてながら毛先まで手ぐしでやさしくまとめます。
根元をふんわりを引き続き意識してくださいね。

 

以上が基本的な乾かし方です。

 

あなたがこのように乾かしてはねずに綺麗にまとまるのであれば、もうそれでOKです。次号は読まなくても良いかもしれません。

毎日この乾かし方意識して続けることでどんどん上手になっていきますので頑張ってくださいね。

ゆくゆくは画像や動画でさらにわかりやすくお伝えしていきたいと思っています。

 

もし

「やってみたけどやっぱりはねるなぁ・・・」

というあなたは次号でさらに具体的な方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

あなたの髪が今日も美しいこと応援しています。

 


『~髪の治療院~美髪再生美容室Felice』のフェイスブックページも開設しています。

「いちいちホームページサイトを開くのは面倒」

という方はそちらからフォローしていただけると、ブログの更新がリンクしていますのでフェイスブックを開くだけで見られるようになります。

良ければフォローしてくださいね。

日々の髪のお悩みについてや質問も受け付けています。

メールフォームやフェイスブックページからお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

フェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/kaminotiryouinn/

 

いつも右側の髪がはねてしまうのはどうして?

「美容室で仕上がるときはならないのに、家でいつもは右側がはねてしまうのよね・・・」

というお客様が多いです。

「左右同じにスタイリングを意識しているのに同じ仕上がりにならない!どうして!?」

あなたもそんな経験はありませんか?

今日はそのことについてお伝えします。

 

原因は髪の生え方

日本人の約8割の方はつむじから右回りに巻いて髪が生えています。

写真で見るとこんな感じです。

つむじ →回転

この場合ほぼ右側がはねます。

 

でもどうしてつむじが右巻きだと右側がはねるのでしょうか?

 

それはつむじの巻き方により髪の生え方も左右で違うからなんです。

写真で見てみましょう。

まずは左側から

IMG_0310 右

 

この方(スタッフの磯村です)はそんなに生え癖が強くないのでわかりにくいかもしれませんが、矢印のように前に向かっての髪が生えているのが見えますね。

続いて反対の右側は

IMG_0313 hidari

左側とは違い根元が後ろに向かっているのが確認できます。

左右で同じ生え方をしていないことがよくわかりますね。

さらによく見ると右側の髪は左側よりも根元がつぶれて生えています

本人もいつもはねるのは右側だそうです。

 

後ろからの写真にわかりやすく書いてみると

IMG_0350 usiro

このような感じです。。

 

右側の髪がはねるのは根元がつぶれているのが原因です。

右側の髪の根元が左側よりもつぶれて生えるのは、つむじからの生え癖があるからということになります。

つむじが右巻きの方は左側の根元はつぶれていないので、右側よりもはねないでまとまりやすく扱いやすい傾向にあります。

左巻きのつむじの場合は左側がはねやすいということになりますね。

 

この左右の違いは縮毛矯正やパーマで解決しようと思っても、あなたの生え癖を理解していて、その生え癖に対応した施術をできる美容師さんでなければおそらく難しいと思います。

たとえ解決できても髪は伸びるので半月もすれば、やはり根元がつぶれて生えている右側が扱いにくくなります。

薬剤施術を繰り返すことでダメージを受けてしまい、よりまとまらない状態になってしまう危険もあります。

 

そこで私たちフェリーチェでは毎日のドライヤーを、あなたの生え癖に合わせた使い方に変えていくことを提案しています。

実はこの生え癖からくる髪の問題を解決するのには、ドライヤーの温風で根元のボリュームを均一に起こして乾かしてあげることが効果的です。

 

左右の生え癖が違うので左右で同じ使い方をすることはほぼありません。

左右でやり方を変えていかないといけないんですね。

 

次回はその具体的な方法をお伝えしていきます。

「いつも右側がはねる」

そんなあなたはぜひとも参考にしてくださいね。

癖毛でもまとまりが良くなります。

先日ご来店いただいたIさん。

こちらの記事で紹介したIさんのお母様です。

https://felice-hairsalon.com/archives/284

お嬢様の評判が良く美髪再生カラートリートメントを体験したいとご来店いただきました。

 

ビフォアの状態です。

image

もともと癖が強く、いつも長さを伸ばしてその重みで広がらないようにキープしているとのことです。

なのでカットはしないことがほとんどだそうです。

今日は長さを少し切りたいと思っているけど、広がるのは嫌、ということで美髪再生カラートリートメントでまとまりが良くなるように丁寧に施術させていただきました。

 

お仕上がりがこちら

image

ちょっと写真が引きになってしまいました(汗)

8レベルのブラウンで自然な仕上がりです。

ブローはしていません。

今回は傷んでいた毛先をカットさせていただきました。。

長さが少し短くなっても広がらず、癖毛でも綺麗にまとまっています。

 

美髪再生カラートリートメントは癖毛をストレートにすることはできませんが、とてもまとまりが良くなるので、ちょっとした癖毛くらいであれば気にならなくなります。

Iさんは癖が強めなので完全に癖が感じられなくなることはない仕上がりでしたが、今までにない手触りとまとまりをとても喜んでいただけました。

 

暑くて湿度が高く、癖が出やすいこの時期を少しでも快適に過ごせてもらえれば嬉しいです。

 

初回限定ご予約 0447127447 予約・お問い合わせ